スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロデビュー(?)

先日単発のお話がありまして、某ライブハウスで躍らせていただきました。
事実上のソロデビューの舞台でした。

パーティで踊っていたので、そんなに違わないのかなと思っていたのですが、
内輪のパーティで踊るのとは、また違うものですねぇ。
緊張してないつもりでも、体も顔も硬くなってしまったし、
あとからビデオみると反省点が山盛りですアップロードファイル

自分のことを否定しない、謙遜しない。
マイナスの言葉を自分にかけないようにするって、
ダンスの心得であるので、カンバって控えますが、
でも、ほんっと、どっさりマイナス言いたい気分です。

今回の曲目を決めるとき、
最近習ったちょっと背伸びの振りと、習い始めに習った振りと
どっちにしようかと思って先生に相談したところ
背伸びはお客様の前で踊るにはちょっと早いかなとのアドバイスをいただいて
後者を選んだのですが・・・大正解

確かに頭いっぱいいっぱいになってますし、
ライブでは少し余裕があるくらいの方がいいのですねぇ。

でも、とってもいい経験でした。
(こんなこというと、観てくださったお客様には申し訳ないですが・・・)

パーティにしても発表会にしても、今回のライブにしても
『人前で踊る』っていうイベントの後は、確実に何かが自分の中に入る気がします。
ごめんなさい。うまく言葉にできないのですが、
自信?って言ってしまえばそれまでなんですが、う~ん。

例えば、2年前の発表会のときジルの振りだったのですが、
発表会直前の練習までのジルの音と、
発表会後にやった、みんなのジルの音が全然違っていたんです。
音がでかくなってる!
えっ!?って思わずスタジオを見渡したほど。

レッスン場っていう閉鎖的な空間で踊っていたものが、
もっと広い場所、開いた空間、視野。
そういう場所で踊ることで、踊りの感覚が変るというか…。
伝わるといいんですが、この感じ、どう表現すればいいか・・・。

もちろん、それで劇的に踊りがうまくなるってものでもないのですが、
自分の中で何かが変る感じが確かにあります。

だから、もし人前で踊るチャンスがあるのなら、どんどん踊ったほうがいいですよ~!
と言いたい!
私なんかとか言わないで、チャ~ンスアップロードファイル
と眼をハートにして飛びついたほうがお得ですよ~(笑)

ところで、今回着た衣装は例のクラリチェさんの衣装ですが、
これが大好評。
先生も是非買いたい、アドレス教えて!とまで言ってくれたので
そのうち連絡いくと思います~(クラリチェ店主様)
20090212201200_s.jpg
200902122121262_s.jpg

最後に一つ
ビデオみると、地底のコアレベルまで沈みそうな気もしますが、
でも、踊っているとき・・・幸せでしたアップロードファイル
スポンサーサイト

theme : ベリーダンス
genre : 学問・文化・芸術

FC2カウンター

プロフィール

Yae

Author:Yae
ベリーダンス暦3年目を踊っております
くっそ~やめらんないよ

Calender
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事+コメント
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。