スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル ジャクソンさんの言葉

かつて好きだった。
そしてずっと忘れていたエンターテイナー。
マイケルジャクソンさんが亡くなりました。

亡くなってから、あらためて彼のダンス、歌、パフォーマンスを見直すと
やっぱりすごい人だったんだと、涙がこぼれました。

最近はスキャンダルばかり聞いていたから
私もすっかり あぁ、この人もか的にみてしまっていましたが、
いっぱい、いっぱい誤解していたことがあって、今になっては遅いんですが…。

彼に関して書きたいことはいっぱいあるのですが、
ここはダンスブログ。
ここに載せるのはあるインタビューでの彼の言葉です。
インタビューアが「どうしていつも股間をつかむの?」とたずねると…。

以下転載

無意識なんだと思うよ。ダンサーは踊っているとき、ただ音楽やサウンドを演じているだけなんだ。もしそこにドライブするベース音があれば、ベースそのものに、チェロがあれば、チェロに、ストリングスがあれば、ストリングスに、音そのものになるんだ。その音の持っている感情そのものになるんだよ。だから、もし僕が踊っていてバーンって、そこをつかんだとしても、それは・・・それは、音楽が僕にそうさせているんであって、何も、さあ今から、手をこう、そこに降ろしてつかむとかなんとか言うんじゃなくて、あなたも思っているように、そんないい場所じゃないし、ただそうなってしまうんだ。時々ビデオを見て、あんな事していたのかってね。つまり僕はリズムの成すがままになる奴隷なんだ。本当だよ。分かる?

Michael Jackson Supporterより(リンクはこちら

謹んで、ご冥福をお祈りします。

comment

Secret

FC2カウンター

プロフィール

Yae

Author:Yae
ベリーダンス暦3年目を踊っております
くっそ~やめらんないよ

Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。